飲む粉野菜とは?

「野菜不足が気になるけど自分で作るのは面倒くさい」「コンビニサラダやスーパーのカット野菜は食べてるけど、それで野菜分は補えているのだろうか?」こんな風に自分の食生活に不安を持つ人は多いですよね。そんな方のために開発されたのが「飲む粉野菜」です。飲む粉野菜の最大の特徴は、特殊な製法で野菜の英要素をそのまま凝縮しつつ乾燥して誰でも飲みやすくしたパウダーをカプセルに封入したものです。そのため飲むのもとても簡単、水やお茶、時にはコーヒーと一緒に飲んでも問題ありません。

 

飲む野菜の製法は、特許技術を使用した独自の「オールフィト濃縮乾燥法」と呼ばれる製法で、これにより有機農法で安全に育てた緑黄色野菜を、成分や栄養素はそのままでパウダー状にしたものです。通常のサプリや野菜ジュースではその製法工程で味付けや加熱加工を行ったり、ある一定の成分を加えたりするのですが、飲む粉野菜では製造の過程で、何も加えず保存料や添加物も一切不使用の安心安全を実現したものです。そのため、野菜ジュースのように飲みすぎると糖分の過剰摂取になったり、野菜サプリメントのように、ある特定の成分だけを過剰に摂取することもありません。

 

さて飲む粉野菜の製法や安全性は分かったのですが、そもそもその原料となる野菜自体はどこで作られているのか?がきになりませんか?製法がいくら優れていても、肝心の原材料の野菜が農薬まみれの育てられ方をする外国産なら意味がありませんよね。でもご安心ください。飲む粉野菜に使われる野菜は、全て安全な国産品を用いており、その育て方も農薬不使用の有機農法で育てられたものばかりです。この条件をクリアしながら原料の野菜を確保するため、宮城県のおっとちグリーンステーションと提携し、定植から収穫まで有機肥料のみで栽培し、県が認定した食品衛生管理基準HACCPを徹底しています。ここまで安全性と品質を確保した飲む粉野菜なので、どうか安心してご利用ください。

飲む粉野菜 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です