介護スタッフを採用する時の注意点~資格は必ず書面で確認を

介護職員を採用する際に、」「注意し鵜なくてはいけないのは
資格に関しては必ずい書面で確認する
という点です。
生活相談員や機能訓練指導員
管理栄養士や調理師
さらには送迎を行う運転手
これから介護職員を採用する際には資格が本物か?
必ずしょめにゃ免許証を確認しておきましょう。
介護職の経験が長いベテランだから大丈夫
そう安易に考えてはいけません。
意外と無資格だったり有効期限が切れている(更新忘れや取り消し)という子おtも多いのです。
無資格で万一、事故を起こしたりしてしまうとその介護事業所の信用は地に落ちてし枚用意には回復もできません。

介護スタッフの採用時に資格の免許や書面の提示を求めるのは
「そこまでやるのは疑っているようで気が引ける」
と考えてはいけません。
利用者にも他の介護委スタッフにも取り返しのつかない迷惑をかけてしまいます。
「採用にあたっては当社のルールですので」
そう説明すれば面接を受けに来る方も納得してくれるものです。

介護スタッフを採用する際には「みんながハッピーになる」ような人を探しましょう。
それが介護スタッフ間御トラブルを避け、中長期的には得策です。

「今回で6事業所です」
という短期間で次次と天所kぅを繰り返している人
「以前の●●という介護事業所は最低でした。
 例えば◎◎・・・・」
と前職の悪口をベラベラ話す人

こんな人たちは少しでも自分の気に入らないところがあったり自分の希望が通らないとすぐに退職してしまう可能性が高いとも言えます。

特に経営者であれば指定要件ギリギリンの辞任は一で業務を回しがちですが、それはいつか介護職員も疲弊hしてしまいます。
まして急な休業や退職などがあれば大変です。
できれば少し余裕のある人員を採用しておくべきです。

小規模な介護施設であっても管理者を含め最低5名は確保しておきたいものです。
介護の現場で必ず代ない小なりの無理が生じます。
その無理が許容は二で収めておくには余裕のいある人員配置が大切です。

介護職 やってられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です