看護師の仕事|どんな所でどんなことをするの?

看護師の仕事とは「保健師助産師看護師法」でこのように定められています。
『厚生労働大臣の免許を受けて、疾病者若しくは褥婦に対する療養上の世話又は診療の補助を業とする者」

いわゆるこれは看護師の国家資格を持った人にしかできない仕事でもあります。

では看護師の仕事の職場としては
・病院
・診療遺書やクリニック
・訪問看護ステーション
・居宅サービスなど
・介護老人保健施設
・介護老人福祉施設
・看護師等学校養成所や研究機関
・社会福祉施設
・市町村
・事業所
・保健所
・その他
などなど意外と多岐にわたります。

現在看護師の仕事の職場としては役7割が病院です。
ですが、これからはもっとどんどん看護師の仕事の職場も多様化していくことは間違いありません。
訪問看護ステーションのように以前は無かった職場もどんどん増えているからです。
そのキーワードは「介護」かもしれません。
日本瘀直面している超高齢化問題。
「療養上のお世話」とは病気や障害を持つ人の生活を佐麻恵ることなのですがこれに「介護」という部分も大きくクローズアップされニーズが高まっているのです。
具体的には
病気や障害によりひとりではできないこと、
それは「食事」「着替え」「入浴」「移動」「排泄」「休息」などいろいろあります。
そんな人たちのために身の回りのお世話をして安心して療養生活をしてもらうための仕事です。

それとは別に看護師の仕事に「診療の補助」があります。
医師が行う患者への検査や処置。
治療の介助
病状の報告
その他、病気の診断や治療に関わる必要なサポートもあります。
具体的には
・患者の血圧、脈拍、呼吸などの身体の状態の確認
・患者の痛みの訴え
を聞きながら病状を医師に報告したり
・注射、
・検査、治療の準備や介助
など患者の怪我や治療hじぇの補助を行う仕事です。

また、看護師の仕事に予防ということもいあります。
病気の予防
健康の保持増進
これらを目的とし教育活動も看護師の大きな仕事でもあります。
看護師 のんびり働きたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です