健康的な身体作りをしていくには!?

「マッサージに行くのも良いので!?」
マッサージとは、皮膚に求心的に施術することにより主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法。マッサージは、フランスで生まれた手技療法(仏: Massage、マサージュ)を指すが、同様の効果を得られるものとしてタイ式や朝鮮式のマッサージ(アンマ(??)と呼ばれるものは除く)も便宜的に「マッサージ」と呼ばれているようです。

血流をよくするので、マッサージなども定期的に行くと良いと思います。足ツボも良いです。

日本においては元々按摩(あんま)が用いられていました。
明治時代、軍医である橋本乗晃がフランスのマッサージを視察し、研究した。その後、日本にマッサージを医療法の一つとして導入され現在の「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」において、あん摩マッサージ指圧師免許もしくは医師免許(共に国家資格)がなければ日本においてマッサージを業として行うことはできない、とされている。草薙さんで2008年にリメイクされた1938年の映画「あんまと女」はこれを指します。

腹6分目当たりで切り上げること

腹八分目健康法は昔から伝えられているから知っている人が多いですね。でも、昔の日本人の食生活と現代人の食生活はぜんぜん違いますよね・・・。昔の人は白米や玄米を主食にしてお味噌汁と主菜副菜が一般的でしたが、今の日本人は小麦を使った麺類やパンを多く食べています。もちろん米も食べているかもしれませんが、昔の人からしたら驚くような食事を摂っていると思います。

食の欧米化はますます進みこれからも日本食離れは進んでいくのでしょう・・・。そうなると腹八分目ではだめで、理想は腹6分目当たりだと思うのです。なんといっても現代人の食事はカロリーが高い。油をたくさん使っていたり糖質も多いのです。ですから、昔の人が言っていた腹八分目ではカロリーオーバー。腹6分目あたりで食事を切り上げられたら現代病から遠ざかるのではないかと思います。
ディマーニ 美顔器 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です