簡単な筋トレで得られる大きな変化

疲れやすく、アレルギー持ち、すぐに体調を崩してしまう私。グルテンフリー、発酵食品を取り入れる。散歩などの軽い運動。免疫力を上げるために色々なことを試してきました。それでも、中々効果を感じることができませんでした。そこで気づいたのが、いくら良いものを体に取り入れても、それを生かせる体の状態が必要だということ。私の場合、圧倒的に体の筋肉量が不足していたのです。そして、これまで試してきた健康法に筋トレを追加してみました。散歩やヨガではなく、筋肉をつけることを目的としたトレーニングです。腰痛持ちの私でもできる軽めの筋トレを1日10~20分程度。ジムに行くのではなく初心者向けの筋トレYoutubeを見ながらの簡単なものです。それでも、初めてから2週間ほどで体の違いを感じることができるようになりました。筋肉がつき、基礎代謝が高まり体力がついたきたのです。1日の稼働率が格段に上がりました。QOLがかなり向上し、精神的にも落ち着きを感じることができます。筋トレで健康な体を手に入れ、人生をもっと楽しむ。簡単ですが、大きな変化を感じることができますよ。 

ノンカロリーで、季節に関係なく安定価格のキノコは優秀

「まごわやさしい」でも、大切なキノコ。本当に素晴らしい食材です。だって、ほとんどノーカロリーでありながら抗がん性も、高いと言われています。そしてなんといっても、春夏秋冬いつでも売っています。その上価格変動もほぼありません。季節のご褒美としての松茸などは別ですが、価格は安いものが多いですよね。煮ても!焼いても、揚げてもすぐに火が通りますし、調理も簡単。スープに入れた時は軽くトロミまでついて飲みやすくなります!とろみのある食材は栄養素も高いです。なんと言っても一番の魅力は、しいたけや舞茸、松茸の香りではないでしょうか?調理をしているときに漂う独特の香りは、食欲を誘う効果抜群ですよね♪そして、味付けに染まる事が食材の良さなのに、強い香りと独特の味は、どんな調味料と出会っても相性が良く素晴らしい料理の味わいになります。マテラ81 販売店

健康的な身体作りをしていくには!?

「マッサージに行くのも良いので!?」
マッサージとは、皮膚に求心的に施術することにより主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法。マッサージは、フランスで生まれた手技療法(仏: Massage、マサージュ)を指すが、同様の効果を得られるものとしてタイ式や朝鮮式のマッサージ(アンマ(??)と呼ばれるものは除く)も便宜的に「マッサージ」と呼ばれているようです。

血流をよくするので、マッサージなども定期的に行くと良いと思います。足ツボも良いです。

日本においては元々按摩(あんま)が用いられていました。
明治時代、軍医である橋本乗晃がフランスのマッサージを視察し、研究した。その後、日本にマッサージを医療法の一つとして導入され現在の「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律」において、あん摩マッサージ指圧師免許もしくは医師免許(共に国家資格)がなければ日本においてマッサージを業として行うことはできない、とされている。草薙さんで2008年にリメイクされた1938年の映画「あんまと女」はこれを指します。

腹6分目当たりで切り上げること

腹八分目健康法は昔から伝えられているから知っている人が多いですね。でも、昔の日本人の食生活と現代人の食生活はぜんぜん違いますよね・・・。昔の人は白米や玄米を主食にしてお味噌汁と主菜副菜が一般的でしたが、今の日本人は小麦を使った麺類やパンを多く食べています。もちろん米も食べているかもしれませんが、昔の人からしたら驚くような食事を摂っていると思います。

食の欧米化はますます進みこれからも日本食離れは進んでいくのでしょう・・・。そうなると腹八分目ではだめで、理想は腹6分目当たりだと思うのです。なんといっても現代人の食事はカロリーが高い。油をたくさん使っていたり糖質も多いのです。ですから、昔の人が言っていた腹八分目ではカロリーオーバー。腹6分目あたりで食事を切り上げられたら現代病から遠ざかるのではないかと思います。
ディマーニ 美顔器 販売店

こまめに摂るのがポイント!肌荒れ予防にビタミンC

肌荒れやニキビは女性にとって、永遠の悩みです。
反対に、肌がキレイに保てているだけで、テンションが上がって、毎日ハッピーに過ごせるものです。
ビタミンCが肌に良いというのは、誰でも聞いたことがあるでしょう。
皮膚メラニンの生成を阻害し、日焼けを防止する作用があります。
抗酸化作用があり、老化防止に有効だとも言われています。

私は朝・昼・夕・夜と一日中、ビタミンCサプリを摂取するように心がけています。
ビタミンCは不要な分が体外に排出されていく仕組みのため、一気に摂取するのではなく、こまめにすることが必要なのです。
面倒ですが、食事毎、プラスアルファでビタミンCを摂るようにすれば、美しい肌を保つことができるでしょう。

普段から野菜やフルーツなどでビタミンCを摂取するのが理想ですが、なかなか十分な量を摂ることは難しいでしょう。
補助する意味で、ビタミンCサプリを飲むのが良いでしょう。
薬局やヘルスケアストア、インターネット等で購入することができます。
手軽な値段で手に入りますし、誰でも気軽に始めることができるでしょう。 

良く噛んで食べることが大切な理由

良く噛んで食べることの利点は胃腸の負担を減らすことにあります。良く噛むと唾液がたくさん出てきます。唾液の中には消化酵素が入っているのでたくさん唾液が出るほど胃腸の仕事は減ります。特に胃は食べたものを消化する場所なので、良く噛んで食べれば胃の負担を減らすことが出来るわけです。

胃の負担が大きいとき胃が疲れているときはカラダの表面にサインが現れます。そのひとつが口角がただれること。口角が切れたり、ジュクジュクしたり、赤くなってただれるのは胃が疲れているサインだと言われています。内臓とカラダの表面は繋がっているので、内臓の元気がないときは肌が荒れやすくなります。

口角のただれについてですが、これは少しの間食事を控えめにしたり良く噛んで食べることで徐々に回復します。早食いは良く噛まないからカラダに悪いのです。
マテラ81 販売店